現金化にかかる手数料って?

クレジットカード現金化における、換金率以外の手数料というのは、どのようなものがあるのでしょうか。
現金化業者の選び方についてご紹介します。

換金率以外に必要な手数料

換金率以外の手数料ですが、失敗しない現金化業者の選択方法をチェックしてみましょう。
クレジットカード現金化サービスにおいてはどのようなサイトでも換金率の記載がなされています。
この換金率が全ての諸経費、手数料などが含まれている%になっているのか、諸経費、手数料が惹かれる前なのかどうかを確認してください。
確認をしていなければ説明もなく換金率が20%引かれても文句はいえないのです。

基本的に必要になる手数料は次のようなものになります。
商品の配送料、銀行振り込み手数料、クレジット決済手数料、消費税になります。
現金化の手数料の内訳をしっかりと確認しておくことで、予定していた換金率によって取引できるようになります。

現金化業者の創業年数をチェック

現金化業者の創業年数を確認しておきましょう。
クレジットカード現金化サイトは、普通の会社と同じようなもので、利益が出ていなければ運営できません。
運営できない場合はサイトの閉鎖をしたり、事業内容そのものを変更することもあります。
創業年数が少ない業者というのはサイトが閉鎖してしまう可能性が高くなりますので、業者の創業年数をしっかりと確認しておくようにしましょう。

長い取引をしたいと思うのであれば、なおさら創業年数が長い実績の高い現金化サイトを利用するようにしましょう。
そうすれば、閉鎖する心配もなく利用できます。

支払い方法についてチェック

大手の現金化業者ではあまりないのですが、一括で支払いをするのは難しいという場合には、分割やリボ払いに対応しているのかを確認しておいてください。
もし、既に一括で現金化を利用した場合にはカード会社にしっかりと連絡をしたうえで支払い方法を分割やリボ払いに変更しておくようにしてください。

クレジットカードを利用して現金化するポイントはいくつがあります。
今回ご紹介したポイントというのは、あくまでも基礎的な部分ですが、これは上級者になってもずっと使用し続けるノウハウです。
このノウハウをしっかりと覚えておくことで、現金化の知識というのは半分以上頭にはいっているのと同じです。
しっかりと覚えておくようにしてください。

カードでお金の常識を身につけて、現金化におけるトラブルに遭うことがないように注意しながら現金化を利用してみてくださいね。

コメント