現金化がNG扱いされてしまうのはどうしてなの?

クレジットカード現金化というのは非常に簡単な仕組みになっていますし、なにより誰でも気軽に利用できます。
現金化にはキャッシュバック方式など現金をすぐに入金してもらうことができますので、お金がほしい時にとても便利なサービスです。

しかし、インターネット上ではクレジットカード現金化はしてはいけない!などという情報も多いです。
では、どうしてこのような情報があるのでしょうか。

金利の高さ

現金化というのは年利換算をした場合には違法な高額金利です。
クレジットカードの現金化を利用すると少しですがお金を取られることになります。
利用金額の10%から20%で、現金化によって使用したショッピング枠というのは返済をしなければなりません。
そのため、最終的に利用者は損してしまうことになるのです。
また、この10%から20%を金利にして計算するととても大きな金額になります。

現金化を利用すると手数料がかかり、現金化をすることで驚くほどの利息が高いのです。

また、場合によってはクレジットカードを利用することができなくなる、ということもあります。
現金化にはクレジットカードの利用停止というリスクがあります。
現金化はカード会社にみとめられていない好意で、利用規約において禁止されているのです。
つまり、現金化を利用したことがカード会社に発覚してしまうとクレジットカードが利用できなくなる場合があります。
また、悪質だと判断されるとクレジットカード会員資格を剥奪されることもあります。

現金化を利用したことが一切バレなければ問題もないのですが、発覚するとペナルティを課せられる可能性もZEROではありません。

このような理由から、クレジットカード現金化はNGであるという情報が出てくるのです。
しかし、その一方で現金化をしている人が膨大な数いることにも違いありません。
では、一見すると損をしてしまうような現金化サービスを利用する人がたくさんいるのでしょうか。

クレジットカード現金化がなくならない理由は、現金化が資金調達方法として非常に優れているからです。
カード現金化は商品を売却することによって現金を手に入れる方法です。
そのため、借り入れではないのです。
つまり、金融機関にある審査というものがありません。
誰でもクレジットカードを持っていれば利用することができるのです。

審査がないので来店の必要もありませんし、利用するまでに時間もかかりません。
最短で5分という非常に短い時間で現金化をすることができるんですよ。
このような理由からもカード現金化が無くなることはなく、多くの人が活用できるサービスになっているのです。

コメント